香川、好調をキープ!シュトゥットガルト戦勝利に貢献

ドルトムントに所属の香川真司は、現地23日にアウェーで行われた対シュトゥットガルト戦に先発出場。先制点を挙げる活躍を見せた。

先制点以外にも、相手DFを抜き去りアシストになりそうな絶妙なクロスを上げる場面もあったが、シュートがキーパーに阻まれたため、アシストとはならなかった。なお、そのこぼれ球をムヒタリアンが決めてチーム3点目となっている。

不遇の時間が長かったけれど、やっと本来の生き生きとした香川のプレーが見られて嬉しいね。最近6試合で4得点と、目に見えて躍動している。

今季は、チームとして臨むような結果が得られないけれど、香川個人として最後まで好調を維持してほしい。今季の得点は現時点で8点。残りは3試合だけれど、二桁得点も可能性がある。


参考資料:
*1
広告
トップ記事一覧>香川、好調をキープ!シュトゥットガルト戦勝利に貢献
トップ
記事一覧

DKスポーツ事典

広告
記事No.037 (記事一覧

記事カテゴリ:
サッカー Soccer

投稿日:
2016年4月24日

更新日:    


広告